NO. 12  生命の息吹

 

 自然の産物であるワインには、

 驚くほどさまざまな香りの要素が存在します。

 

 それらに抗うことなく、

 ナチュラルにあるがままを表現したワインの中には、

 野性的な動物の香りや、根菜や豆などの大地の香り、

 生命の源となる硫黄のような香りが現れるものあるのです。

 

 そんな香りを持つワインたちは、時に非常に個性的で官能的。

 

 独特の香りに驚くこともあるかもしれませんが、

 野生や大地の力強い香りは、

 心に生命力や落ち着きを与えてくれます。

 

 時間と共に変化したり、別の香りが生まれてくることもあるワインなので、

 瞬間のパワーを受け取るような気持ちで楽しむほうがよさそう。

 

 変化して現れる新しい香りも、

 大地の力で気持ちが落ち着いたあとはすっと心に入ってくるので、

 それぞれのセラピー効果が高まります。 

 

 力強さと自己肯定感。

 味わいはとても柔らかく、体に染み込んでいくような優しさがあるので、

 落ち込みがちな時や、気力が衰えてるなと思ったときにも。

 

 

 

    ズバリおすすめは…

    いわゆる「自然派」と呼ばれるワインに多いタイプ。手間を惜しまず、自然の気候や微生物が生み出す個性を

    わかりやすく表現したワインに出やすい香りです。白赤どちらでも。

    たくさんの要素が混在しているので、自分の好みにあった生産者や地域を探していくのも面白いかも。

日本を代表するカリスマワインのひとつ。根菜のような地に足の着いた大地の香りを、なんとも優しく妖艶な香りが包みこんでいきます。
味わいはどこまでも柔らかく、口中に広がる上品な旨味は、日本人にとっては最高の癒しになること間違いなし。

入手困難なことがたまにきずですが、機会があれば迷わずゲットしておきましょう。落ち込んだ気持ちも、優しく労ってくれはず。

 

『TSUGANE ラ・モンターニュ』

ラトリエ・ド・ボーペイサージュ
 

 

 

ロワール地方で、樹齢60年のソーヴィニヨン・ブランから作られる白ワイン。若いうちは微発泡が感じられるほどで、抜栓後しばらくは硫黄のような香りも感じられるかも。

後から現れてくる芳醇な桃やグレープフルーツの香りと、複雑で豊かなミネラル感は、さらに気持ちを浄化してくれそう。

 

『トゥーレーヌ ソーヴィニヨン・ブラン’11』(ロワール)

ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ
 

Comming Soon ♪