香りのもたらす、こころやからだ、行動や認知への影響は、

近年盛んに研究が行われてきました。


そして、ちょっと意識を向けてみると、

私たちの生活は、常に自然の芳香に満たされているのです。


ワインの香り、

毎日の食卓の香り、
食材が放つ、緑や土や光の香り―

 

そんな日常の香りひとつひとつが、私たちの気分に直接影響を与えています。

 

 

 

自然の産物であるワインの香りもまた、

ただそれだけで、私たちに時空を超えた歓びを届けてくれます。

 

五感として人間に与えられた「香りを楽しむ力」は、

決して特別なものではありません。

 

できるだけ好きな香りに接し、好きな香りを味わい、

香りを意識して生活をし、その瞬間瞬間を大事にすることで、

私たちを取り囲む「香り」は、「いま」を生きる活力となるのです。

 

 

ワインを作る、売る、サーヴィスするという「ワインのプロ」にとっては、

ワインの状態を正しく判断し、表現し、評価する知識や技術はとても大切です。

 

けれど、単純にワインを「楽しむ」はずの消費者にも、

プロと同じ「正しさ」は必要なのでしょうか?

 

たとえ飲んだワインの品種や産地が言い当てられなくても、

共通用語でテイスティングコメントが言えなくても、

 

その時の気分にあったワインを選び、

ワインそのもの香りや味わいを素直に自分の中に受け入れる。

 

本当は、そんな自然でシンプルな楽しみ方こそが、

ワインがもつ自然の力を、

私たちの心にしっかりと届けてくれるのではないでしょうか。

 

 

一人でも多くの人に、もっと自由にワインやアロマを楽しんでもらいたい―

それが、私たち「ワインアロマセラピー協会」の活動目的です。

 

 

ワインを細かく分析するのではなく、

自由に味わい、感じ、楽しむための新しい手段として。

 

アロマをもっと身近に感じ、活用するための新しい手段として。

 

 

「ワインアロマセラピー」という新しい概念を通じて、

ワインがもっと自由に、アロマがもっと身近になりますように。

 

 

 

 

 

 

 *ワインアロマセラピーにご興味をお持ちの方は、サイト右下より無料の会員登録を
  お願いします。
  セミナー開催情報のほか、ワインやアロマセラピーに関する最新情報、カテゴリー
  ごとのおすすめワイン情報などをお届けしていきます。
   (サイトへの会員登録は、協会への本登録とは異なります。)
一般社団法人ワインアロマセラピー協会
代表理事/ワイン監修
 
 
 
 
 
 
蜂須賀 紀子 Kiko HACHISUKA
株式会社マリアージ取締役
ワイン・食文化エデュケーター
JSA認定ワインエキスパート
理事
伊藤啓介 Keisuke ITO
Diplome Sommelier Conseil
Master of Science in Wine management (OIV)
JSA認定シニアソムリエ
 
本多有紀 Yuki HONDA
ワイナリー&レストラン「Fermier」マダム
JSA認定ソムリエ
JAA認定アロマコーディネーター
柳田由香 Yuka YANAGIDA
自由が丘ワインスクール校長
有限会社エーム代表取締役
JSA認定ソムリエ、SAKEDIPROMA
 
アロマイメージ・セラピー監修
 
 
 
 
 
 
松尾 祥子 Shoko MATSUO
http://www.aroma-safari.com
 
イラスト
 
 
 
 
 
 
米山夏子 Natsuko YONEYAMA
http://yonenatsu.com
 
 
 
ご協力
 
東原和成 Kazushige TOUHARA
東京大学大学院
農学生命科学研究科教授
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/biological-chemistry/profile/index.html

 

 

   

 

 

 

 

 
                             ワインの香りのなかには、
                     数百種類とも言われる匂い物質が混ざって入っています。
 
                     私達、科学者は、それらの物質を詳細に分析できます。
                     ソムリエは、その香りを分解して表現できます。
 
                     しかし、個々の匂いを混ぜても、頭のなかで足しても、
                     ワインそのものの香りにはなりません。
   
植物と微生物の潜在的な力が加わり、その匂い成分からはまったく予想できない香りが造られています。
 
そして、心と身体に訴えかける力が、突然湧き出てきます。でも、その感じ方は人それぞれで違います。
香りを感知する受容体タンパク質の遺伝子も、生まれてから今までの香りの経験も、個人個人で違うからです。
また、同じ自分でも、体調や心理状態の違いで香りの感じ方も異なってきます。
 
そんな弾力的に変化する自分の心に合わせて、一時、教科書的な固定概念を忘れて、
分の感性でワインを選んで、その力を享受してみてはいかがでしょう。
 
 
                                                      東原和成